FC2ブログ

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

Apple BTS

Amazon

セカンドライフ

Apple

月別アーカイブ

新豐田屋グッズ

サバヲの最後 Tシャツ
オリジナル漫画『サバヲくん』のラストシーンをT-Shirtにしました。
2,415円(税込価格)
upsoldで購入

スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mBand
2008/01/16 (Wed) 23:45



MPX2000-PK外箱

MPXAD500R-PK外箱

Bluetoothヘッドセットとトランスミッターが届く。mobilecastのMPX2000-PKMPXAD500R-PKという評判の良くない一品だ。音質や能力に関する評判の悪さではなく、Bluetoothのパスキーが1234固定という部分においてである。他の多くのヘッドセットのパスキーが0000で他社製品との互換性がないというわけだ。
そんなことは判っていたが六割り引きということで購入してしまった。

外箱は最近のアップル製品のパッケージを意識した小振りな方形。開けかたも似ている。トランスミッターは小型だが、nano用のカバーをつけたままだとケースに入れていると使えない。実際装着してみるとちょっと邪魔かもしれない。
MPXAD500R-PK開封MPXAD500R-PK内容
MPXAD500R-PK装着

ヘッドセットはわりかしかっこいい。装着感も悪くなく、重くもない。むしろ電池(といってもリチウムイオン)が入っているとは思えないほど軽い。長時間掛けていれば重くなってくるかもしれない。電池切れのことも考えて予備のヘッドホンを持っていた方がいいかもしれない。
右側にはボリュームボタン二つとファンクションボタンが一つついている。俺はてっきり再生・停止、先送り・後戻し等の操作ができるものだと思っていたが、ボリューム調整しかできないことを知らなかった。もう一つ説明書を読むまで知らなかったのはヘッドセットと書いてはいるものの携帯電話とのハンズフリー通話ができること。
MPX2000-PK開封MPX2000-PK中身
甲殻類のようなMPX2000-PK本体

充電は専用のUSBケーブルで行う。約三時間で満充電、連続使用約七時間、連続待受約一五〇時間とのこと。
ちょこっと充電してペアリングを行なう。ペアリングはそれぞれのBluetooth機器によって異なるが、このヘッドセットはファンクションボタンを長押ししてトランスミッターをiPodに接続すると自動的にペアリングが完了する。この簡便さはパスキーが何であれ構わないのであるが、複数のBluetooth機器がある環境では共通の0000で混乱が予想される。どうなるのか俺は知らない。この混乱を避けるためにmobilecastでは敢えて違うパスキーを採用したと思うのだが、裏目に出て利用者から総スカンを食らったとみえる。
再生してみたが、音質は悪くない。ちょっと離れても聞こえる。
携帯電話とのペアリングも試してみた。俺の携帯はE03CAというちょっと特殊なものだったが、無事に完了。ヘッドセットのファンクションボタンを八秒の長押し、ランプが赤と青に点滅したら携帯でBluetooth機器を探索するとMPX2000を見つけ出し、パスキー1234を入力すればペアリングは完了である。試しに家電から携帯に電話してみるとヘッドホンから着信音が聞こえて、ファンクションボタンを押すことで着信することができた。誰かと話しをしたわけではないのでどの程度会話ができるか不明だ。電車内で着信した場合にはボリュームアップボタンを二秒押すことで着信拒否することができる。

タグ : bluetooth ipod ヘッドセット

<< mBandを装着 | ホーム | Painter Essentials 4 >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。