FC2ブログ

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

Apple BTS

Amazon

セカンドライフ

Apple

月別アーカイブ

新豐田屋グッズ

サバヲの最後 Tシャツ
オリジナル漫画『サバヲくん』のラストシーンをT-Shirtにしました。
2,415円(税込価格)
upsoldで購入

スポンサーサイト
--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iTunes 7.3が起動しなくなった2
2007/07/12 (Thu) 23:55

iTunes

iPhoneに対応したiTunes 7.3へのアップデートがうまくいかなかった。起動しない状態になった。
インストーラをダウンロードして上書きインストールをしたが駄目だった。
取り敢えずサブマシンのiBookに入っているiTunes 7.2をコピーすることで起動はするようになったが、ライブラリを含めた設定はリセットされてしまった。全ての設定を普段使っている状態に直して、7.4が出るまでアップデートをしないでおこうと思った。
というのが前回のエントリーのあらまし。

ところが、ライブラリに関する問題に対応したiTunes 7.3.1というのがリリースされたのでアップデートしてみたが、やはり起動しなかった。同時にアップデートされたQuickTime 7.2は問題ない。

起動しないといえば、最近、CS2の他のものは問題ないのだが、Acrobatが起動しなくなっている。起動しない状況も似ている。Dockで跳ねた後、起動画面も出ずにすーっと終了する。
検索をかけて調べたところ、頻繁に取り上げられている基本的な対処として「アクセス権の修復」がある。まずはこれをやってみようと思い、本来はディスクユーティリティー.appでやるのだが、便利ソフトのOnyxを立ち上げたところ「このバージョンのOSには対応していません」というエラーが出た。

先日OSXが10.4.9からのアップデートで10.4.10というのをリリースしたのでアップデートしておいた。つまり10.4.10に対応していないOnyxだったわけで、そのような状態でうちのiMacは稼働していた訳だ。OnyxOnyxでそんな状態ならメッセージを出してくれても良さそうなものだ。
早速、Onyxの最新版をインストールして設定などをチェックする。不安なのでディスクユーティリティー.appで正式な「アクセス権を修復」及び「ディスクを修復」を試みる。
システムの入っているディスクの「アクセス権を修復」をする。若干時間がかかった。「ディスクを検証」してみたが問題はなかった。iTunesのライブラリや楽曲が入っているのは外付けのドライブなので「アクセス権を修復」はできない。「ディスクを検証」するとエラーが出たので「ディスクを修復」する。無事に終わる。
念のため再起動してAcrobatを起ち上げると当たり前のように使えたので驚いた。
これならiTunes 7.3.1も大丈夫だろう。
念のためiTunes.app 7.2をアプリケーションフォルダからコピーしてごみ箱に入れておいて、アップデートをかけようとおもったら、ソフトウェア・アップデートからiTunesのアップデータが認識できない。既にアップデート済みということになっているらしい。
ごみ箱を見てみると以前に捨てた7.3が入っていたのでアプリケーションフォルダに入れてダブルクリックしてみる。おお、起動した。
起動したものの何故か英語。英語を日本語に直す方法が判らない。
またAppleのサイトからiTunes 7.3.1をダウンロードして上書きインストールしてみたところ、無事に日本語で起動した。ライブラリも設定も生きている。
問題はOnyxアクセス権と断定する。

タグ : mac iTunes Onyx アクセス権

<< SONYとiPod | ホーム | サーバの調子も悪くなる >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ユーティリティーが最高によかった

消耗品はなるべく安くすませたいので、おすすめですっ!!!!使いやすいお手ごろサイズです。どこのショップでもCDクリーナーは1000円位するのでお買い得だと思います。・パーティション捜査ユーティリティ・ゲームやユーティリティーなどフリーソフトのダウンロードとは


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。